院内だより

AAO and RSCI in San Diego 2017

今回は、今月行われたAmerican Association of Orthodontics(AAO)、Roth Study Club International(RSCI)、そして院長が日本の先生他2名と開催した1日コース「Stability – The Key」についてご報告します。今年も院長・副院長とともにスタッフ2名が参加してきました。
AAOは約15,000人の世界中の矯正歯科医達が所属するアメリカ矯正学会です。年に1度開かれる会では、矯正歯科関係者達が世界中から集まります。そしてRSCIは、2011年に院長が他国の先生方と立ち上げた勉強会です。院長が師と仰ぐロス先生のコースを受講した世界各国の先生方が意見を交換し合い、切磋琢磨しながら研鑽を積む場を設けたいとの強い思いから実現した会です。
今年の学会はサンディエゴにて開催されました。メキシコとの国境都市であるサンディエゴは、1年中気候が安定しており、とても過ごし易いです。街ではスペイン語が飛び交い、メキシコ文化と南国の雰囲気がマッチした魅力的な都市です。今回の滞在ではAAOでの症例展示、1日コース、そしてRSCIでの講演準備で大忙しの1週間となりました。
今年のAAOでは、日本のスタディクラブの先生方と一緒に、症例展示を行いました。世界中から65組の先生方が展示を行っていましたが、日本の先生方の症例は、治療レベルの高さで他の展示を圧倒!また、会場は例年通り世界中の矯正関係者で大賑わい。毎年矯正治療のポピュラーさを痛感しますが、相変わらず学会の内容に関しては、、、。アメリカでは矯正治療を受ける人が非常に多いため、当院のように時間をかけて記録採得・診断を行い、機能的な咬み合せを目的とした正しい矯正治療を行うことが難しく、お手軽な歯を並べるだけの治療が普及してしまっているのかもしれません。。。ただ、それでは「治療」とは言えず、今後、治療後に問題が出る患者さんが増えてくるのではないかと、とても危惧しています。

AAOの展示会場
AAO%E3%81%AE%E5%B1%95%E7%A4%BA%E4%BC%9A%E5%A0%B4.jpg
AAOでの症例展示
AAO%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%97%87%E4%BE%8B%E5%B1%95%E7%A4%BA.jpg

1日コース、RSCIへは、アメリカ、カナダ、日本、グアテマラ、メキシコ、チリ、ブラジル、ウルグアイ、オーストリア、ベルギー、トルコなど多くの国の先生方に参加していただきました。正しい矯正治療がなかなか広まらない中でも、多くの先生方が「顎関節1stの矯正治療」の必要性を感じていることが伺えました。コース中には、各国の先生や、商社の方から、「Kazumi(院長のファーストネーム)は世界一の矯正医だ」という言葉を何度もいただき、院長のもとで働くスタッフとして、とても誇らしく感じました。今後も変わらず、患者さんに最良の治療を提供するため、努力していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

1日コースの会場の様子
1%E6%97%A5%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90.jpg
RSCIに参加された各国の先生方
RSCI%E3%81%AB%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%E6%96%B9.jpg

2017年05月09日 10:30

« 『感染予防』  |  院内だよりTOP